これまでのジャズセッション


2012年9月



演奏された曲


1st set


2nd set

セッションが始まる前の山崎さん(写真右)と藤沢さん(写真中央)

1

当日はあいにくの雨。セッション前からひとつのムードが。。

ともあれセッションが始まります。

2

ホストバンドによる演奏が2曲。

3
4

ハーモニカ奏者である参加者の方のリクエストは「4月の思い出」。

よくある速めのテンポでやり、そのまま次の曲に行くと思いきや、山崎さんの提案でスローテンポでもう一度やることに。

ジョージシアリングの演奏よりもさらに遅いテンポ、いいですね。

5

で、休憩。かすかに雨の音が。SEPTEMBER IN THE RAINです。

6
7
8

セッション再開。さっそくドラマーが交代します。

9

ドラムとテナーサックスの掛け合い!

10
11

ドムオーナーがエレキベース片手に参戦(写真中央)。しばし4ビートとはお別れです。

12

初めてこのセッションに参加のピアニスト。曲は「ブルームーン」。

そして「枯葉」でバッキングとしても参加していただきました。

13

本当はもっといろいろあったんですが、上記事情により写真メインでのレポートとなりました。すんません。

ちなみにこの日の休憩中にかけたのはこんなのでした。

イーディ・ゴーメ 「BLAME IT ON THE BOSSA NOVA」

ハンプトン・ホーズ 「EVERYBODY LIKES HAMPTON HAWES」

スコット・ハミルトン/バッキー・ピザレリ 「THE RED DOOR」



top
back inserted by FC2 system